scroll

ドライヘッドスパ Re:st レスト 四日市市のリラクゼーションサロン

ブログ

 

blog

寝付きが悪い。睡眠に悩んだら見て欲しい!四日市にある頭の専門店が寝付きが悪い。睡眠の悩みについて解説

ブログ

2019.04.02

睡眠について悩んでいるこのブログを見ている皆様。睡眠のどのようなことで悩んでいますか?

  1. 寝たくても眠たくならない。
  2. 夜中何度も目覚めて長時間眠れない。
  3. 寝ても寝た気がせず熟睡できない。
  4. 日中強い眠気を感じて集中できない。

睡眠に関する【悩み】で挙げられる多くが上記の4つです。この中でどれかに当てはまりますか?「全部!」と、答える人がいるかもしれません。

「病気かも。」と考えたり、「歳だから仕方が無い。」と諦めている皆様にお伝えしたい「快眠方法」。ぼく自身の体で実験した結果や、周囲の人に試した結果を基に「睡眠の悩みを解決する方法」をお伝え。

本ブログでは、三重県四日市市にある頭の専門店Re.stが「寝付きが悪い。」という、睡眠の悩みに対するケア方法が分かります。


●●目次●●

1.寝つきが悪い方に共通する事

2.寝付きが良くなる毎日のケア

3.睡眠ケア解説〜眠気の波と共に寝る編〜

4.睡眠ケア解説〜ベッドの上ではスマホを使用しない編〜

5.睡眠ケア解説〜熱めのお風呂にじっくり浸かる編〜

6.睡眠ケア解説〜落ち着くモノに囲まれるべし!編〜


寝つきが悪い方へ!寝つきが良くなる方法

寝つきが良くなる方法!をお伝えする前に、寝つきが悪い方には共通する事があります。寝つきを良くする為にも重要なので、一度確認してみてください。

1.寝つきが悪い方に共通すること

  1. 眠気が来たら寝る。のではなく、○時になったから寝る。
  2. ベッドの上でスマホを触る習慣がある。
  3. 入浴習慣が無いorぬるいお風呂に浸かっている。
  4. 好きな音楽や好きなドラマ、好きな香りや好きな飲み物など好きなものに寝る前に触れている。

4つそれぞれに理由があります。「寝付きが悪いから、早く快眠方法を知りたい。」という方にケア方法をお伝えします。

2.寝付きがよくなる毎日のケア

  1. 眠気の波と共に寝る。(眠たくなったら寝る。)
  2. ベッドの上ではスマホを使用しない。寝る時だけベッドに行く。
  3. 熱めのお風呂にじっくり浸かる。中性炭酸泉入浴剤を使用する。
  4. 落ち着く音楽、流し見できる動画、落ち着く香りに寝る前に触れる。

上記4つを先ずは試してみててください。

「それぞれの理由を詳しく知りたい!」と感じている方の為にそれぞれ詳しく説明します。

 

3.睡眠ケア解説〜眠気の波と共に寝る編〜

多くの方が起きる時間から逆算して「○時に寝よう!」と決め寝ていると思います。

例えば、翌日の6時起き!7時間寝たいから逆算して23時には寝る!

と、心に決めた「23時」に眠たさがあれば良いのですが、眠たさが無いと寝付けない時間が続きます。寝付けない事が苦痛になり更に眠気が遠のく。という悪循環に…。それだけでなく、睡眠の質も下がります。

そこでおすすめなのが「眠たくなったら寝る。」「眠気が来たら寝る。」です。「○時!」など関係なく眠気が来たら寝る。

翌日の6時起き!7時間寝たいから逆算して23時には寝る!けど、眠気が来ないから眠気が来たら寝よう。

と、睡眠時間を変更させる事が快眠ケアに繋がり、睡眠の質向上になります。例え、2時に眠気が来なくても焦らない。翌日の眠たさは有りますが、無理矢理ベッドに入って眠れない時間を過ごすと、頭が「ベッドは眠れない場所」と記憶して眠れなくなります。


ぼくは、三重県四日市市にて頭を揉みほぐしをしています。寝付きが悪く睡眠に悩むお客様。そのお客様に「眠気の波が来たら寝てください。」と、お伝えしたところ、「最初は眠気がなかなか来なかった。」のですが、徐々に「いつも寝る時間に眠気がくるようになった。」と変化される方が多く居ます。


寝付きが悪い方は、先ずは「眠気が来たら寝る。」という睡眠生活にシフトしてみてください。

 

4.睡眠ケア解説〜ベッドの上ではスマホを使用しない編〜

3.の最後に少し書きましたが。ベッドの上でどのような時間を過ごすか。は、日々の睡眠生活を決めます。ベッドの上でスマホを触り頭が興奮する事が多いと、「ベッドの上は興奮する場所だ!」と頭が理解します。それにより、眠りたくても頭の中では「ベッドの上は寝る場所ではなく興奮する場所」と理解しているので、眠気が遠のいたり、眠たくなりません

頭が錯覚する。という怖い実験を1つお伝えします。

ある死刑囚に頭の錯覚実験をしました。「血液の3分の1を失うと人間は死ぬ」と言い聞かせてから死刑囚の、腕を切った振りをしてその腕に点滴で水をつたわせ、あたかも出血しているかのように見せかけました。実際に血が流れているような感触、床に落ちる水の音によって死刑囚の恐怖心は膨らみ、3分の1の出血量に値する頃にはショック死した。という実験が有ります。この現象を一般的に「ノーシーボ」といいます。

このように、頭が錯覚する事で「寝るためのベッド」が「眠れないベッド」に変わる事があります。ベッドは「心地よく寝る為の場所」と頭が理解する為にも、ベッドは寝る前にだけ行く場所。眠気が来たら行く場所。にするのがおすすめです。心地よい場所。


ぼくは良くお店のソファで寝落ちします。結果、そのソファに座りしばらくすると眠気がくるようになりました。頭が「ソファは心地よく眠れる場所」と錯覚しているからだと感じています。なので、そのソファは本当に疲れた時にしか座らないようにしています。


寝付きが悪い方は、もしかしたらベッドが「眠れない場所」と頭が錯覚しているかもしれません。ベッドの上ではスマホを使用しない。「寝る為の場所」と頭に記憶させる事が必要です。

 

3.睡眠ケア解説〜熱めのお風呂にじっくり浸かる〜

 

 

4.落ち着く音楽、流し見できる動画、落ち着く香りに寝る前に触れる。

 

 

眠気の波が来ていないのに寝ようとしている。

 

 

[category]

[column]new arrival

ブログ

全身揉んだら「こんなに体軽かった?」と感じるぐら...

慢性疲労を感じているお客様がご来店。しっかり7時間寝ている...

ブログ

毎日少し疲れ気味のお母さんへ。母の日のプレゼント...

「母の日のプレゼントにRe.stの施術をプレゼントしたい。」と...

ブログ

5月3日からの1週間振り返りと差し入れ報告

本ブログは、Re.stの1週間の出来事を振り返り感じた【学び】...

view more

[voice]new arrival

年齢: 60代

性別: 女性

施術:頭ほぐし 90分¥10,000症状:眼精疲労,頭の重たさ ヘッ...

年齢: 60代

性別: 女性

施術:頭ほぐし 60分¥7,000症状:夜中途中目覚める,寝起きがすっき...

年齢: 30代

性別: 男性

施術:頭ほぐし 90分¥10,000症状:寝不足感 今回は脚と腕も疲...

view more